Surface(サーフェス)は 高い?

Surfaceほしいと思ったのに予算オーバーだった、とか、Surfaceって高くない?と友達に言われた、っていう経験はありませんか?

この記事では、Surfaceは高いのか?について考えてみます。

お手頃価格の新シリーズ Surface Go 出ました! 本体 約7万円 から

Surfaceのここ数年の発売機種は、すべて10万円以上。Surfaceほしいけど高くて買えない…と感じたことがある方もいるのでは、と思います。

実は、すこし前に、お手頃価格のSurface新シリーズが出るらしいという噂が出ていたのですが、

先日、ついに、新シリーズ「Surface Go(サーフェス・ゴー)」が発表されました。

価格は、本体 約7万円 から。専用キーボード(タイプカバー)が約1万円からなので、あわせて約8万円~。

劇的に安い…わけではないですが、これまでに比べれば買いやすい価格といえます。

Microsoft Office の製品版(Microsoft Office Home & Business 2016)付き。製品版は(1年更新ではなく)ずっと使えます。

Surfaceは高いの? Surfaceはコスパ悪いっていう人がいるけどホント?


Surfaceシリーズは、高いとか、コスパが悪いとか言われがち。

とくに、パソコンに詳しい人のなかにそういう評価の人がいたりするんですが、言う人は、性能に対してやや割高であると主張しているのだと思います。同じ性能であれば他社ではもっと安いよ、と。

そういわれたら、オススメのパソコンを教えてもらい、その機種について調べてみましょう。

多くの場合、Surfaceより重かったり、厚かったり、キーボードやタッチパッドの使い心地がほどほどだったりするのではないかと思います。

対性能比で割安なパソコンは、性能以外の面でコストを低く抑えているということ。軽量化・薄型化の面でイマイチなケースは多いです。

Surfaceは、性能・使いやすさ・デザインなど総合的に見て、とても高い機能性を備えたパソコン。全体としてのコストパフォーマンスは決して悪くないと思います。

Surface高いよと言われたり、Surface高いなと感じた方は、ぜひ、Surface以外の候補もリストアップして、価格、性能、重さ・厚さなど、気になる条件を比べてみましょう。

要はなにを重視するか、です。

見た目が好きで決めるもよし、知ってるブランドがいい・安心できる会社の製品がいいという基準もアリだし、持ち運ぶ予定があるなら薄くて軽い方がいいかもしれないし、ゴツくても高性能でできるだけ安いパソコンがいい!という人もいていいし。

評価の基準は人それぞれだから、あなたはあなたの基準で選びましょう。きっとそれが正解ですよ♪

Surfaceにもいろいろあるよね?

そうそう、いまや Surface にはいろんな種類があります。

現行のシリーズは、Surface Pro、Surface Book、Surface Laptop、Surface Studio、Surface Go の5種類。

タイプ別におすすめのシリーズをまとめると、

タブレット・ノートパソコン兼用の「2in1(ツーインワン)型」がいい + 予算10万円以上 なら、Surface Pro

タブレット・ノートパソコン兼用の「2in1(ツーインワン)型」がいい + 予算10万円未満 なら、Surface Go

2in1型じゃない方がいい or 膝上にのせて使う機会が多い なら、Surface Laptop

が相性がいいと思います。

ちなみに、

Surface Book は高価格どんとこい!な人のための超高性能 2in1 パソコン、Surface Studio はデスクトップ(据え置き)型のパソコンです。

予算がないんです…5万円くらいでおすすめのパソコンある?

お手頃価格を銘打って発売された Surface Go も(別売りのタイプカバーと合わせて)8万円以上。

やはり Surface は予算オーバーという方へ、5万円くらいのノートパソコンの特集記事をご案内します。

4万円で買える! ちっちゃい&軽いタブレット兼ノートパソコン … マウス・コンピューターの「MT-WN1003」
マウス・コンピューターの「MT-WN1003」は、ノートパソコンとしても、iPadみたいにタブレットとしても使えるお手頃価格のパソコ...


当記事の画像の多くは、マイクロソフト社より特別に提供をうけたものです。本サイトの写真・画像と同じく、二次使用(画像転載)は禁止されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする