Surface(サーフェス)のタブレットって どれ? それぞれ どう違うの?

種類が増え、より多様なニーズに対応しやすくなったSurface(サーフェス)。気になってるけど、どれがどれだかわからない…とお悩みの方も少なくないかもしれません。

この記事では、Surfaceのなかで「タブレットはどれなのか」と、それぞれの違いについて まとめました。

Surface の タブレットは…

タブレットは「Surface Pro」と「Surface Go」です。

この2機種は、キーボード(タイプカバー)が原則として別売りで、いわゆる「タブレット」としての位置づけ。

もちろん、別売りの専用キーボード(タイプカバー)を購入することで、ノートパソコンとしても使うことができます。

ノートパソコンとして違和感なく使える点が「Surface Pro」と「Surface Go」の強みでもあります。

「Surface Pro」と「Surface Go」のどちらがよいかは、性能を重視するか、軽さを重視するかによって異なります。

Surface Pro が高性能で、価格もやや高いのに対し、

Surface Go は価格が安く、そのぶん性能がやや低めになります。

大きさ・重さについては、Surface Pro が大きく(A4サイズ、770g~)、Surface Go が小さく軽い(B5サイズ、522g)です。

Surface Pro は持ち運び用ノートパソコンとして中くらいの重さ(タイプカバーを含めると約1.1kg)。

片手で持てなくはないですが、iPadなど一般的なタブレットと比べるとやや重いため、性能面やノートパソコンとしての使い心地を重視する方向け。性能的に妥協したくない方には Surface Pro がおすすめです。

性能重視の場合は…

性能よりも携帯性(コンパクトさ&軽さ)を重視する場合は、Surface Go がおすすめ。

軽さを重視する場合は…

Surface Book は タブレットじゃないの?

Surface Book は(タブレットとしても使える)ノートパソコン、という位置づけ。

タブレットとしての使い心地よりもノートパソコンとしての操作性を重視した作りになっていることから、

  • キックスタンドがなく、画面だけでは自立しない
  • 拡張バッテリーや外部GPUがキーボード側にあるため、タブレットとして使う場合にはノート状態のときと比べて少し性能が下がる
  • イヤホン以外の差込み口がすべてキーボード側にありタブレットとして使っている間はUSBメモリ等をつなぐことができない

など、キーボードと切り離して画面だけをタブレットとして使う場合の制約が(若干ですが)あります。

また、Surface Book は、Surface Pro よりも重いです。

  • Surface Book 2(15.0型): 約1.9kg(キーボードを含む)
  • Surface Book 2(13.5型): 約1.5kg(キーボードを含む)
  • Surface Pro 6: 約1.1kg(キーボードを含む)
  • Surface Go: 約0.77kg(キーボードを含む)

その他の主たる相違点:

  • 画面サイズが大きい(Book は 13.5型 または 15型 / Pro は 12.3型 / Go は 10型)
  • キーボードが、よりしっかりした作り
  • USBの差込み口が充実(Book は「USB 3.0」2か所と「USB Type-C」1か所 / Pro は「USB 3.0」が1つだけ / Go は「USB Type-C」が1つだけ)
  • フルサイズのSDカード・リーダー(Pro と Go は microSDカード・リーダー)
  • NVIDIA GeForce 搭載の《超》高性能機種あり

タブレットじゃないやつがいいんだ~!という方は…

タブレットじゃないのがいいんだ!という方には、Surface Laptop がおすすめ。

Surface Laptop は、画面とキーボードの取りはずしができない、スタンダードなノートパソコン。使いやすさに加え、デザインの美しさも人気です。

Surface Laptop にはタブレット機能がありません。(画面とキーボードの取りはずしができないので、画面をテーブルにベタ置きしたり、画面を縦長に持って見るといったことができません。)

画面に指でタッチしたり、専用ペンで書きこんだりすることは可能です。

【まとめ】Surface のタブレットと、それぞれの違い

ということで、Sufaceファミリーの構成をまとめると↓このようになります。

  • デスクトップ  … Surface Studio
  • ノートパソコン … Surface Laptop
  • ノートパソコン兼タブレット … Surface Book、Surface Pro、Surface Go

片手で気軽に持って、お気に入りのサイトを見たり、電子書籍を読んだりしたい…という用途には、もっとも軽い Surface Go がおすすめ。

片手で持ったまま使う場面はあまりないし、性能も高い方がいい、という場合には、Surface Pro が相性がよいと思います。

オトク情報は…

どれがいいか、もうちょっと情報がほしいな…という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

Surface って どれがオススメ?
2013年に登場した Surface(サーフェス)もいまや 5 種類 22 機種。 Surface 気になるけど、どれがいいの...


当記事の一部の画像は、マイクロソフト社より特別に提供をうけたものです。本サイトの写真・画像と同じく、二次使用(画像転載)は禁止されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする